基本情報技術者試験

情報処理の知識を問う基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、国家資格と呼ばれるものです。
情報処理の促進に関する法律に基づいて、経済産業省が情報処理に関する知識が水準以上であることを認定している資格です。

以前、この資格は技術者が持っていれば良い資格というイメージがありましたが、社会のIT化が進んだことにより、最低限の知識を得るための知識を理解していることの証明として取得しておくべきものと言われています。
同時に、これからのIT社会を支える技術者には必須の資格とも言えます。

技術者でなくとも、一般の方でもこの資格を取得しておくことによって高い評価を得ることができます。
コンピュータやハードウエアの仕組みを知ることもできるようになり、必要なシステムの設計はもちろん、プログラムも行なえるようになります。
結果として作業効率を大幅にアップさせられることから、これからの時代には必ず必要となる資格とも言えます。

取っておくと便利

基本情報技術者試験の資格を持っておくと、中小企業診断士や弁理士などの国家試験を一部免除してもらうことができるため、他の資格を受験するのならば情報処理技術者の資格を持っておくこともひとつの手です。

試験について

基本情報技術者試験の試験に関しては、受験資格は特にありませんから、誰でも受験が可能です。
試験内容はコンピュータ科学の基礎やシステムについてのものです。
申込期間は春と秋の2回、試験も春と秋の2回行なわれます。

勉強の方法について

基本情報技術者試験の資格を取るのならば、専門学校に通うことや、テキストを使った独学といったものがありますが、どちらの環境を利用するにしても、パソコンを使うようにしたいところです。
パソコンを使って操作することで、実際に理解できることがたくさんありますし、勉強に対する理解も深まるからです。
当然、資格を持っていれば就職活動にも有利に働きますし、既に仕事に就いている人も、資格手当をもらえる可能性もあるため、積極的に取得しておきたいところです。