IT・コンピュータ系

IT・コンピュータ系の資格

fe4ce1df9e444876113bcc2dbaff312c_s
今の時代において、IT・コンピュータ系の資格はどこかで使うものとなりますから、一つくらいは持っておいて損はないものです。

そんなIT・コンピュータ系の資格の中でも、ITパスポート試験、マイクロソフトオフィススペシャリスト、基本情報技術者といったものはぜひとも持っておきたいものとなっています。

というのも、これらの資格がIT・コンピュータ系の仕事をしようと思っている人にとっては最初に取得しておきたいものばかりだからです。

IT・コンピュータ系の仕事をしたいのならば

2d0232e2ed9dbfbbc3eb129d2f921281_s
IT・コンピュータ系の仕事において、この3つの資格のうち最低でも1つはもっておきたいものです。

特にITパスポート試験については、古くは初級シスアドと呼ばれたものであり、情報処理の基本がわかっていることを証明する大切な資格であるため、就職を考えている人はもちろん、IT業界で働きたいのであれば持っておきたい資格なのです。

また、マイクロソフトオフィススペシャリストには、ワードやエクセルなどの基本操作ができることを証明する資格で、これを持っていれば就職や転職も多少は有利に持っていくことができることでしょう。

基本情報技術者はプログラムなどができることを証明するための資格のため、本格的にIT業界で働きたいと考えている方であれば絶対に持っておきたい資格なのです。
実際のところ、基本情報技術者の資格試験に合格出来て初めて一人前として認められるという部分が強いため、IT・コンピュータ系の資格の中で最初の目標点とも言われています。

資格の難易度について

d1f7b72244ac11a859d6c3eeaf6a98e1_s
IT・コンピュータ系の業界の中身は常に進化しているため、いつまでも古い手法がそのまま使えるわけではありません。

ただ、根本的な部分は変化がないため一度覚えてしまえば応用できるものも多く、比較的コツコツと勉強を続けていれば必ず取得できるようにはなっています。

特に、マイクロソフトオフィススペシャリストの試験については、テキストを買ってしっかり覚えておけばすぐにでも合格することが可能です。

ITパスポート試験と基本情報技術者試験は年2回行なわれますが、その間しっかりと勉強を続ければ、早い方ならば半年、普通に頑張れば1年もあれば十分に合格ができるとも言われています。

IT・コンピュータ系の資格ではありますが、最終的にはどこの会社でもIT・コンピュータは取り入れているため、どこかの部署で活用できるチャンスはあります。

そのため、企業のIT部門への採用も期待できますし、これらの資格でうまくアピールできればいくらでも働き口は見つかると思われます。

これからの社会をしっかりと生き抜くという意味では、一つくらいは持っておきたい資格であると言えます。

以下のページでそれぞれの資格について詳しく紹介します。

ITパスポート試験※近日公開
IT系の資格として最初に持っておきたいもの

マイクロソフトオフィススペシャリスト※近日公開
パソコン操作の基本を証明できる、事務仕事にも活用できる

基本情報技術者試験※近日公開
情報処理に関する知識について証明できる