看護師試験

医師のサポートをする看護師の試験

看護師試験は国家資格であり、医師の診療の補助に関する知識や能力があるかどうかを試す試験となっています。
業務内容としては、病気や怪我による治療を受けている患者さんのお世話や、医師の指示におう診療の補助を行うこととなっています。
国家資格のため、資格を持っていれば仕事に対して困ることは無いと言えるでしょう。

看護師の現状

また、そもそも看護師そのものが現場で不足しているという現実があるため、採用自体もされやすいと言われています。
高齢化社会により、業務の多さが目立つようになったことから離職者が増え、結果として現場での看護師不足となっているということも言われています。
勤務条件は厳しいことは間違いありませんが、その反面働き甲斐はとても大きいですし、給料的な面でも一般的な事務仕事よりもたくさんもらえるというところは大きな特徴でもあります。

看護師は医師の補助だけではなく、簡単な注射といった医療行為を行うこともできます。
そのため、福祉や介護の現場でも重宝されています。
医療関係はもちろん、福祉や介護の現場で働きたいと思っている方にとっても良い資格だと言えるでしょう。

今後、益々高齢化社会が進むことにより、現場ではより慢性的な看護師不足が起こることが予測されます。
このことから、看護師の資格を取得することは大きな価値があると言えるでしょう。
人の命を守る手助けをしたいと思っている方は取得を考えてみるといいでしょう。

看護師試験概要

看護師試験の受験には制限があります。
文部科学大臣が指定する学校で、3年以上看護師になるための学科を収める、看護養成所を卒業する、准看護師の免許を得てから3年以上の実務経験がある、准看護師で看護師学校や養成所で2年以上修行しているといったものです。
これらの条件を満たすことによって、はじめて看護師の受験資格を得ることができるのです。

試験は筆記試験で行われます。
出題される範囲は広く、看護全般に関する知識が問われることとなります。
受験を受けるためには学校に通う、あるいは准看護師になるといったことが求められるわけですが、そこに至るまでのハードルもある意味では高い壁であると言えるでしょう。

勉強をするのなら

看護師試験は、学校に通ってしっかり勉強や実習をこなしているのならば合格することはそう難しくは無いはずです。
准看護師からの試験でも、しっかりと実務経験を積んでいれば試験においてもそうそう迷うことも無いと思われます。
それでも心配と言う方は、テキストを買って勉強をするのもいいですし、資格スクールへ別で通うという選択肢もあると思われます。