ソムリエ試験

ソムリエ試験の概要について

ソムリエとは、ワインの専門家のことです。
よくテレビ番組などでも一級のソムリエであるといったことを紹介されている人がいますが、正にこのことを言います。
このソムリエとしてもサービス技術を高めることを目的とした民間の資格試験をソムリエ試験と言います。

レストランにおけるワインの管理はもちろん、食卓でのワインに合う料理の提供、販売サービスにおけるワインに関する業務を担当するのがソムリエの仕事となっっています。
この資格を取得することで、顧客からはプロとして見てもらうことができるため、信頼度も高まります。

ソムリエ試験について

ソムリエ試験には受験資格があり、一般と会員に分かれています。
1次試験日からアルコール飲料を含めた飲食サービス業に従事していることが必要で、一般であれば5年以上、会員であれば3年以上勤めていることが基準となります。
受験できるまでの期間が長いように思われますが、実際のところソムリエになろうと思ったらそれなりの知識も求められるため、決して長い期間とは言えない部分もあるのです。

試験内容ですが、1次試験と2次試験に分かれており、それぞれワインについての知識を要求されます。
特に2次試験ではきき酒も行われ、高度なワインについての知識が求められます。
ソムリエ資格を取得してから3年以上経過し、10年以上の経歴を有した方にはシニアソムリエとして認定される試験をうけることも可能です。

日常生活にも役立つ

ソムリエとして仕事に役立てることができるのはもちろんですが、日常生活においても役立てることができます。
例えば、お気に入りのワインを友達に勧めるといった身近なことはもちろん、販売されているワインが本物であるかといったことの確認もできます。
特に、インターネットを通じて販売されているワインが本物であるかということを見分けられことはとても大きなスキルではないでしょうか。

ワインは一本の値段が割と高いため、買い物に失敗すると精神的ダメージも残ってしまいますが、ソムリエの資格を活用することで無駄な買い物を防ぐことができるはずです。
趣味でワインが好きで飲んでいるという方に対してワインの買い物を勧められるといったこともできます。
自分だけでなく、周りの人も幸せにできる可能性がソムリエにはあるため、そういったことを実現させたい方にはお勧めしたい資格です。