栄養士試験

栄養士ってどんな資格なの?

栄養士は国家資格のことであり、栄養学に関する知識と能力を持っていることを証明するために受ける試験こそが栄養士試験です。
現在、日本をはじめとする先進国において、食べ物に関しての関心が集まっています。
主に生活習慣病を含めた慢性疾患が増えてきたことが原因となっていますが、食べ物が豊富になったこともひとつの要因と言えます。

栄養士はそんな場で力を発揮することができる資格であり、活躍の場が多数あります。

栄養士が活躍できる場所

栄養士は学校や病院、保健所、スポーツクラブ、食品・製薬会社などで働くことができます。
栄養管理や指導、コンサルタント活動、ボランティア活動を通して、健康管理の専門家としての知識を存分に活用できるのです。
また、普段の実生活においても健康管理を意識した食事の考案ができるといったように、仕事以外にも活躍の場があるのはとても大きなことだと言えます。

現在は、IT技術が進歩したことにより、手作業で行われてきたことがコンピュータによって行なわれている背景もあり、栄養士の求人は今後どうなるかは分かりません。
それでも、仕事のみならずプライベートでも活用できるとても身近な位置にある食をテーマにした資格は持っておいて損の無いものと言えるはずです。
何より、現在は世界規模で健康のためのメニューの見直しが行なわれていることもあり、健康増進をテーマに需要は増えていくと思われます。

栄養士の資格は、食を通じて人々に幸せを提供したいと考える方にはぜひとも取得を考えてみて欲しい資格です。
また、これとは別に高度な資格である管理栄養士というものもあります。
こちらは更にハードルが上がりますが、更に上を目指したいという方にとってぴったりの資格です。

栄養士の資格を取るためには

この資格を取るためには、栄養士養成施設を卒業した後、都道府県に申請する必要があります。
栄養士養成施設は、専門学校や短大、大学のいずれかを選択し、卒業すればいいのです。
この施設に入学するためには、高校卒業程度の学力があれば問題はありません。

栄養士の免許取得は申請のみで問題ありませんが、管理栄養士国家試験は必ず実務経験及び修業期間が必要となります。

食についてのエキスパートとなり、人々の健康を守りたいと考える方にとっては良い資格ではないかと思われます。