調理師試験

調理師試験とは?

調理師試験は調理師であることを証明するための資格試験です。
飲食店を経営するに当って必須と言える資格を取得することができ、試験では調理に関しての最低限の知識を持っているかを試されることになるでしょう。
国家資格ではありませんが、調理師法に基づき都道府県知事によって実施される公的なものとなっています。

外食産業で働く方に

外食産業で働くことを希望される方にとってはこの資格は必ず持っておきたいところ。
キッチンで働こうと考えている方は、まずこれを持っていなければ採用されることも難しいかもしれません。
調理師免許を持ち、料理の腕前も一定以上のものを持っていて、やっとのことで評価されるのが実際のところでしょう。

例えば、こちらのサイトで調理師の求人を見ることができます。

参考までにチェックしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、腕の良い料理人であればどこでも採用されることもあり得ますし、海外の有名なレストランのシェフとして働くことができるのも夢ではありません。
事実、海外の有名レストランで働いている方は大勢いらっしゃいます。
こうした場所で提供される料理は、おいしいというだけではなく、見た目や独創性などの工夫も要求される面があり、総合的に見たときに良いものと判断されるようなものを作れなければならないでしょう。

この辺りは調理師免許を取得する段階で教えてもらえるものではないため、独自の修行が必要になります。
何にせよ、その初めの段階として調理師免許を取得しておくことが必須となりますので、初めの一歩としてチャレンジしてみてください。

調理師免許を取得するには

調理師の資格を取得するためには、調理師養成学校を卒業あるいは調理師試験に合格する必要があります。
もちろん独学でじっくり勉強することでの合格は決して不可能ではありませんが、時間的な余裕があるのならば調理師養成学校に行った方が効率よく資格を取得できるでしょう。

調理師試験の受験資格は、中卒以上で2年以上の調理実務経験を持っている方、となっています。
受験のためのハードルは比較的低く、学校卒業後飲食店のアルバイトをしている人ならば誰でも受けられる試験と言っても差支えないでしょう。

試験日や受験料については、各都道府県によって異なります。
そのため、試験を受けたいと思うのならば、あらかじめ各都道府県の調理師試験担当課に問い合わせをするようにしましょう。

飲食業界で働きたいという希望を持っている方ならば、勉強して知っておきたいことがたくさんありますし、調理師という資格として持っておくのも決して損ではないです。
また、プライベートでも活用できる知識を得ることができるので、挑戦してみる価値はあるといって良いのではないでしょうか。