飲食系

飲食系の資格について

39719e69e527e43a4cbabb42b2522e1d_s
飲食業界はここのところ活気づいているように見えます。

傍から見ているととて華やかなように見えるのがこの業界の特徴とも言えるところですが、実際のところはホールの人間以外はとても地味な仕事が多いです。

そんな飲食業界の資格からは、調理師試験、栄養士試験、そしてソムリエ試験の3つを紹介します。

飲食業界を志すならば

7015a7945c0678f6a99ea6e7919968f9_s
もしも飲食業界を志すのならば、最低限の知識として調理師免許の資格は持っておきたいところです。
調理をしている方ならば当然調理のための知識は必要になると思いますし、そのための間違った知識は必要ありません。

どの職場で働くにしろ、調理ができることを証明できる資格があれば待遇はかなり違ってくると思われます。

これに加えて、栄養士の資格を取得しておけば、その知識も調理に組み込むことができ、もしかしたら将来的にお店を持ったとき、健康に気を使いながらもとてもおいしい料理屋さんということで、独立開業ができるかもしれません。

更にそこにソムリエの資格を持っており、おいしいワインを提供できるお店として大繁盛するのかもしれません。
単体で使うことができるのはもちろんですが、このように組み合わせて使うことができればとても大きな力を生むことができるわけです。

資格試験について

調理師の免許も栄養士の免許もソムリエの免許も、ある程度の勉強ができていれば決して難しいものではありません。
テキストを自腹で購入して自力で勉強を進めていくというのも決して不可能ではないのです。

飲食系の資格は、特にアルバイトであればあっても無くても普通に働くことができため、特に気に留める部分もありませんが、本格的に仕事として働きたいのであれば、しっかりと取得しておきたいところでもあります。

試験の開催日程については、それぞれの資格によって開催時期が違うものがあります。
確実に試験を受けたいのであれば、資格試験を行っている団体に早い段階で問い合わせをしておくことをおすすめします。

一番持っておきたい資格は?

816b8c133926380722ade8f766f8673f_s
この中で一番持っておきたい資格と言えば、やはり調理師ではないでしょうか。

とにもかくにも調理ができることを証明することで、働き口が見つかりやすくなることを考えると、調理師免許を最初に取得しておきたいと思うでしょう。

もちろん、栄養士もソムリエも持っておいて損の無いものですし、それぞれ資格を活用していろんなところで働くことができるようになるものです。

例えば、調理師やソムリエとして一流の腕を身につければ、海外の有名レストランで働くことができるかもしれませんし、栄養士としての知識を活用して本を出版して売れれば一気に有名になれるかもしれません。

もちろん可能性は低いですが、これらの資格はこういった大きなポテンシャルを秘めているため、決して軽視できるものでもないのです。

調理師試験
プライベートでも活用できる

栄養士試験※近日公開
教育現場では引っ張りだこ

ソムリエ試験※近日公開
認知度が年々増加中の注目資格